• 今、人類史の重要な岐路に立つスリリングな瞬間が訪れています。私たちは、テクノロジーの驚異を利用して奇跡を成し遂げ、真に公平で持続可能な世界を構築するか、それとも、現在のシステムが自然環境を蹂躙しながら所得、富、機会の格差を深め続けるのを容認するかを選択しなければならないのです。

  • 2022年11月、米国食品医薬品局(FDA)が、UPSIDE Foodsの培養鶏肉を食べても安全であると宣言したことが発表されました。精密発酵素材や細胞由来素材の FDA GRAS 承認は、時間の経過とともに増え続け、それにともない、新規食品を市場に投入する企業が殺到すると予想されます。

  • 秋田県大潟村は、環境省が2022年度から開始した脱炭素先行地域の第1回目に選定され、現在、その具体化に着手したところである。大潟村が挑戦する地域熱供給の重要性と、具体的な取り組みから見える日本の環境エネルギー政策、とりわけ温熱政策に関する課題を論じる。

  • 脱成長論は本質的な問題提起をしており、本稿でも真正面から否定する意図はない。しかし気候危機への対応に関する脱成長論の議論には異論がある。本稿では、とくに現在進行中のエネルギー・モビリティ大転換から見た脱成長論への批判を論じる。

  • このレポートは、化石燃料の需要ピークに関するシリーズの第3弾です。このレポートでは、なぜピークが金融市場にとって重要なのかに焦点を当てています。

自動運転車はロボットの時代をもたらすか?

今、人類史の重要な岐路に立つスリリングな瞬間が訪れています。私たちは、テクノロジーの驚異を利用して奇跡を成し遂げ、真に公平で持続可能な世界を構築するか、それとも、現在のシステムが自然環境を蹂躙しながら所得、富、機会の格差を深め続けるのを容認するかを選択しなければならないのです。

続きはこちら

細胞培養肉が米国で初めて承認される

2022年11月、米国食品医薬品局(FDA)が、UPSIDE Foodsの培養鶏肉を食べても安全であると宣言したことが発表されました。精密発酵素材や細胞由来素材の FDA GRAS 承認は、時間の経過とともに増え続け、それにともない、新規食品を市場に投入する企業が殺到すると予想されます。

続きはこちら

脱炭素とエネルギー大転換は世界をどこに導くか

脱成長論は本質的な問題提起をしており、本稿でも真正面から否定する意図はない。しかし気候危機への対応に関する脱成長論の議論には異論がある。本稿では、とくに現在進行中のエネルギー・モビリティ大転換から見た脱成長論への批判を論じる。

続きはこちら

米国の原子力発電

原子力発電は、旧い形式と潜在的な新しい形式の両面で、集中的に推進され、補助金もますます増えています。しかし、同時に、本質的に経済性が低いため、世界的に商業的な崩壊が進行しています。米国の文脈をまとめた本稿は、原子力発電に運用上の必要性がないこと、ビジネスケースや気候変動対策としての有用性がないことを強調して、この2つの傾向を記録しています。

続きはこちら

Energy Democracy は、環境エネルギー政策研究所(ISEP)による専門情報メディアです。環境エネルギー政策に関する論考を、厳選された国内外の専門家、実務家、ジャーナリストが寄稿します。

ご寄付

Webサイトの継続的な運営・拡充のため、ご寄付をお願いいたします。

メールニュース

ソーシャルメディア

Protected by reCAPTCHA. The Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
 Copyright © Institute for Sustainable Energy Policies. All rights reserved. Since 2014.