新着記事

フェーズアウトの後

2023年5月23日
最後に残った原子炉が停止した後も、ドイツにおける原子力の章はまだ終わりません。発電所は解体され、放射性廃棄物はどこに保管されるのか、最終的な地下処分場の建設にどれだけの時間がかかるのか、といった疑問は解決されないままです。政府は当初、高レベル放射性廃棄物の最終処分場を2031年までに見つけることを目標としていましたが、複雑で長引くプロセスは、さらに数十年かかると見られています。

ロケットからクリスタルへ

2023年4月11日
ビック・クリスタルによるボールペン革命の事例から、業界のアウトサイダーが同等以上の性能をより低コストで実現する新製品を市場に送り出し、その新製品が10~20年以内に市場を支配する「ディスラプションのパターン」を見ることができます。

エネルギー自立に向けた再生可能エネルギー導入のための利害調整

ドイツの再生可能エネルギー法と関連法の改正には、ロシアによるウクライナ侵攻後のエネルギー自立を推し進めることが期待されている。Part 1に続いて、本稿では再生可能エネルギーと自然保護、空間計画、税制、EU規制との関係などを見ていこう。

特別翻訳論文

米国の原子力発電

2022年5月11日
原子力発電は、旧い形式と潜在的な新しい形式の両面で、集中的に推進され、補助金もますます増えています。しかし、同時に、本質的に経済性が低いため、世界的に商業的な崩壊が進行しています。米国の文脈をまとめた本稿は、原子力発電に運用上の必要性がないこと、ビジネスケースや気候変動対策としての有用性がないことを強調して、この2つの傾向を記録しています。